石原裕次郎 懐かしの名曲を買うなら

LABEL ON DEMANDは送料(全国一律)550円でお届け!

石原裕次郎

石原裕次郎

1956年、兄・慎太郎の芥川賞受賞作「太陽の季節」で映画デビュー。
以降、主演映画が連続ヒットし、瞬く間に映画界を代表するスターとなった。
また歌手としても代表曲「銀座の恋の物語」「恋の街札幌」「嵐を呼ぶ男」等が爆発的に大ヒット。
全国民に絶大な影響を与え、昭和の日本人が最も愛した男と称される。