楠木繁夫 懐かしの名曲を買うなら

LABEL ON DEMANDは送料(全国一律)550円でお届け!

楠木繁夫

楠木繁夫

1934年にテイチクの専属歌手になる。
1935年には、古賀政男とのコンビで、「白い椿の唄」「ハイキングの唄」「男のまごころ」
「緑の地平線」と大ヒットが続き、一躍大ヒット歌手となる。
1939年頃からは、スクリーンにも活躍の場を広げ、特に日活作品に数多く出演。