阿川泰子 懐かしの名曲を買うなら

LABEL ON DEMANDは送料(全国一律)550円でお届け!

阿川泰子

阿川泰子

1978年ビクターより1stアルバム「ヤスコ、ラブバード」をリリース。
スウィートでメロウな歌声で一躍脚光を浴び、マスコミから“ネクタイ族のアイドル”、“シュガー・ボイス”などと取り上げられ、
華々しいデビューを飾る。
1980年コンテンポラリーなサウンドで、古いスタンダード・ソングをリ・アレンジした4thアルバム「ジャーニー」がヒット。
1981年ラテン=フュージョン・サウンドのオリジナル作品集「サングロウ」は、日本のジャズ・カテゴリーを超えた
エポック・メイキングなセールスを記録する。
同時に行われたコンサート・ツアーやパブリシティ活動によりトップ・ボーカリストの地位を不動のものにする。
以降、日本テレビ系のトーク番組「オシャレ30・30」にレギュラー出演したり、数多くのアルバムを発売。